プロフィール

pamelauzako

Author:pamelauzako
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパニーズ時代劇ファンタジー

ニッポンの俳優出まくりの『47Ronin』のTrailerが上がってます。
英語オンリー日本の俳優だらけでハリウッド映画を観れる日が来ようとは。
良い時代になりました。
今後も若手俳優さんは、ハリウッド目指して頑張ってほしいものです。
大河ぐらい出られたからって喜んでる場合じゃないですよ。
目指すは世界じゃ。



柴崎コウさんの英語力が観たかったんだけども、全然喋ってないやんか。残念。

凛子さんは『パシフィックリム』よりこっちの役の方が魅力的にみえる。
やっぱり悪い女黒い女っていいんだなあ~。

なにやら赤西ジンジンさんもご出演らしいけども、ちょい役?
(どーでもええが)

特別ファンでもないんだけれど、いつも気になるキアヌ。
久しぶりなんで、これも観に行きますよ。

浅野忠信さんといえば、『バトルシップ』を観ましたです。
テイラー・キッチュにちょいと(かなり)興味持ってるんで大コケ映画の『ジョン・カーター』も観ましたぜ。
微妙~に、ジャック・ヒューストンにも似てるんだが、テイラーのほうがより好みざます。
彼は長い髪のほうがいいですな。
イマイチ作品に恵まれてない男子ですが、今後を期待。

TaylorKitsch.jpg

やっぱり気が多いアタクシは、Rubacuori美男城の管理人です。
ちょこちょこ男が増えてるので、美男城の総入れ替え(改築)すべきだろうか。

ジャック・ヒューストンといえば、凛子さんとのこんなPhotoあります。

jackrinko.jpg

彼女もどっかの有名監督と付き合ったりしてるし、もうニッポンの草食動物に魅力を感じなくなるのでは?

スポンサーサイト

トムちんさんとパシフィクリム

Rubacuori本館開設当初、最初のメンバーにいたのが、トムちんさん。
(↑懐かしい呼び名!!!ヽ(;▽;)ノ)

tom.jpg
(『ダークナイトライジング』プレミア時)

あれから何年も経ってますが、男を見る目あるpamelaさん。
(時には当たるというだけじゃろ、オイ)

『インセプション』以来、どんどん知名度上げていきましたね。
Ken Watanabeさんが、
「今後のハリウッドを背負っていく若手スター。」
とおっしゃってましたが、当たってました。

彼の今後のスケジュールを観ると、2014年なんて、既に映画5本の撮影予定。
しかも全部主役。
彼の「主役ありき」で、まだTOMの名前しか入ってない作品もあり。

『This Means War』(何故か邦題が『Black&White』(?_?))を観たのですが、女を奪い合い前提のくだらない話で、全然おもろなかった。(  ̄っ ̄)

themeanswar.jpg

そのしょーもない女ってのが、アタシの好みの斜め上をいく、リース・ウィザースプーン。
アレを奪い合いするお前らがわからんわ。
彼女の長い顎が苦手だなあ~。
ブッ刺さりそうにとんがった顎。
…と、思っていたら日本の某・美容整形外科医さんが、
「日本人には受けない顔らしい。顎が長すぎる。」
と書いてらして、大ウケした。
っていうか、どちらかというとキュート系な顔が好みでないアタシ。
(お前のシュミはどーでもええわ)

実は、あらすじを知った時点で、私の大ッ嫌いなパターンの話だと思ってたんだが…
たまたま観ちゃって「あーやっぱ、くだらねえ~~!ヽ(`Д´)ノ」だったわ。
(中盤は殆ど早送りでした)

クリス・パインと共演でしたが、トム・ハーディも実はスター・トレック『ネメシス』でピカード艦長のクローン(シンゾン)だったんすよね~。
あの映画は大好きだった。
新・スター・トレックですけど、TVシリーズ大好きでサ。
カーク艦長より、ピカード艦長のほうが好きなくらい。




話は飛びますが…

昨日『パシフィック・リム』を観ました。
面白かったです。ガンダムの何倍の大きさなんだろう???かなりのデカさ。

凛子さん、東洋の神秘的な雰囲気出てましたよ。
時々日本語台詞が入る時があったのですが、あれはいらん。
監督のシュミか?
日本人から観ると、流れをぶった切る感覚に襲われる。(笑)
何だか「外人がカタコト日本語喋ってる」みたいでした。凛子さんなのに。

パート2もありそうな終わり方でしたよ。
ネタバレですが、最後はキスシーンくると思ったのに無かったわい。
まあ、あのあとヤッただろうけど。(おいこらっ)
日本女子に遠慮はいらんで。
今度はよろしこ。
凛子さんがうらやますぃで。♥

charlierinko.jpg

チャーリー・ハナムのおカラダを観て、
「やっぱり外人っていいわ~。」
と、思いました。


日本の俳優がハリウッド映画出てるのは、純粋に嬉しい。
Hiroyuki Sanada出演の『ウルヴァリンSamurai』も観ます!

8月~9月は映画代にどれだけ飛んでいくやら。
ちょっとコワイですよ。

007の真実

「Everything or Nothing: The Untold Story of 007」を観たのですが、初めて知る真実が沢山あって、なかなか楽しめました。

ジョージ・レーゼンビーって役者さん、全然ボンドっぽくなくてビックリ。(この人の作品観てないし)
結局は1作出演しただけで、ショーン復活してるのは笑ろた。(´▽`)

ここまで長いシリーズになる間には、役者と製作側の確執とか、色々あったんすね~。
面白かったです。


最後に残ったダニエルかヘンリーか、という運命の『カジノロワイヤル』。
監督のマーティン・キャンベルはヘンリーを推したそうですな。
しかし、周りに「若すぎる」と止められたとか。
まあ~確かに若すぎたけどね。

次の次の次の作品の監督は、マーティンさんでお願いしますよ。(*^_^*)
その頃には、ヘンリーが適齢期になってるし。

henry007-2.jpg

しかし、どの写真観ても、ヘンリーのカラダ(上半身)がパッツンパッツンで素敵だわ。
大きくなったなあ~。

撮影時に比べたら薄くなったらしいけど、それでもスゴイね。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。